白いドレス 個性的ドレス

ドレスの歴史

ピンクドレス 日本でのドレスといえば、正装や礼装と認識されています。特に昨今の結婚式での花嫁衣装として多くの女性のあこがれであり、一般的なものして着用されています。 第二次世界大戦後のアメリカ文化の普及によりウェディングドレスというものの認識が広く日本人に伝わりましたが、実際に一般的に着られるようになったのは1960年代であり、生活様式の洋風化が急激にすすんだ事と、今も広くの女性達のあこがれである桂由美等のデザイナーの出現が、大きな要因となり、いまや多くの式で着用されることとなったのです。 ドレスの種類 ドレスは、場面や職業によって着用するものが異なるため、様々な種類のものがあります。 正式なパーティなどの場面に参加する場合は、華やかな服装が奨め Read more
Posted in 結婚

服装の歴史

白いドレス 日本で服装の一番古い歴史が残されている時代は縄文時代です。最初は簡易的なものでしたが、時代が流れるに連れて普段着から礼服まで様々な用途の衣服が幅広く作られてきました。 日本で洋服文化が広く女性に受け入れられるようになったのは1923年の震災などで和服より洋服の方が便利だということに気づいたからだそうです。 現在洋服文化と和服文化でよく見かけるものは婚礼衣裳だと思います。 日本では室町時代末期から江戸時代にかけ白無垢が婚礼衣裳とされてきましたが、現在では結婚式の際にウエディングドレスを着る人の方が増えています。 結婚式での服装の注意点 結婚式に招待された場合、ゲストにはドレスコードといわれる服装のルールがあります。特に女性は気を付ける Read more
Posted in 結婚
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー
Copyright © 2014 結婚式用のドレスや服装の基本
Powered by WordPress | Designed by: Genericwpthemes